アイオンの鍵

創作好きの絵と文サイト。オト(@oto05i)の日々とウサギ、ゲーム、青い食べ物など。オリジナルイラストとファンタジー小説展示。

日々

ブルーベリー

投稿日:2014年7月5日 更新日:

ブルーベリーを買いました。
果物のほうじゃなくて苗の方です。

いつか育てたい育てたいと思いながらも、小学校の卒業記念に買った苗はプルーンでした。
プルーンじゃない! ブルーベリーが良いの!!
初心者なので枯らすかもしれませんが、生暖かく見守ってください。
そしてうっかり見ちゃった詳しい方、できればアドバイスお願いします。

ブルーベリー農家にわざわざ行きましたよ。苗を買う!!

ルーベルという品種がどうしてもほしくて。近くのホームセンターには置いてなかったです。
ルーベルは創作キャラカインくんのお兄さんの名前と同じだから、という理由の他にも、ただ単に「コレが一番良さそうだから」が、本当の理由です。
どの本にも果実について「ルーベルはとにかく良い」事しか書かれてません。何でですか?

こちらがそのルーベルさんです。

葉っぱが濃いですね。正直何年物なのか、素人のオトさんにはわかりません。農園で買ったので聞けば良かったんや……とりあえず2、3年苗でしょうか?
農園の人には「来年には枝の先に花が付いて、実がなりますよ」と言われたので、来年は実を付けて良いみたいです。気の長い話だ!

そしてさっきの画像にちらりと写り込んでますが、青いポッドがノースランドさんです。

ホームセンターで500円でした。正直怖いです。
葉っぱが若い色してます。マジ怖い。本当にノースランドかも素人のオトさんにはわかりませんが、ノースランドだと信じて育ててみます。こちらも何年苗かわかりませんが、枝に実の気配がないので来年に期待です。怖いです。

ブルーベリーは品種の違う苗同士を置いておくと、お互いに受粉しあって実がなります。
一本でも実はなるんですが、小粒でおいしくはないとのことです。
なので、種類違う品種の2本を買ってみました。

さて、いつまでもポッドで育成する気はないので、次は畑の準備です。

ブルーベリー植え予定地には、シーズンの終わったズッキーニが生い茂っております。
まずコレをぶっこ抜きます。話はそれからだ。

抜いてみました。意外とふかふかしてる……

とりあえず雑草を抜きつつ予定地周辺を耕します。
農耕経験はゲーム以外にないので、汗だくになりながらスコップで一帯を掘り返しましたが……うーん20cmくらいの深さじゃ足りないですかねぇ?
わからないのでとりあえず周囲の雑草とって小石除いて、耕すのはコレくらいで。幼虫系はいませんでしたがミミズもいませんでした。大丈夫かな?

ホームセンターで購入してきました。ブルーベリーは酸性の土を好むとの事。
普通のお野菜育てるならph気にせず肥料まいて終わりなんでしょうが、酸性の土は狙わないと作れません。そこで使うのがピートモスです。
土というより植物です、コケです。コレを土に混ぜます。

父の倉庫からウン年モノのピートモスと、わずかに残ってた黒土も発掘したので予定地に混ぜ込みました。どうせ使わないんだろうし、全部使ってしまえ。

ピートモスは一度乾くと撥水性を持つそうですが、父の倉庫の肥やしピートモスは見事に乾燥していました。とりあえず黒土と混ぜて水もまいてみます。吸水しますように。
買ってきたピートモスは少しだけ残してまいてみました。こっちはしっとり。でも土の上のほうにただまいただけなのでどうかな……やっぱ乾燥しちゃうんだろうか?

予定地の様子がこちら。狭いかな? 雑草抜き足りないかな?

不安いっぱいですが、今日のところはポッドの苗と予定地に水まいて終了です。
ph確認試薬とかもないし、ピートモスも買ったの一袋だけなんですよねぇ……もうちょっと混ぜ込んだほうが良い気がしてきた。でもそれは植えてみて、様子がおかしくなったら手を打ちましょう。

まじで、来年まで育つかな? 不安。

ダブルレクタングル用

ダブルレクタングル用

-日々
-


コメントを閉じる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

HN:オト


HN:オト
好き嫌いの激しい雑食性偏食家。天使と青色1号が好物。脳みその主成分がSFと人外とファンタジーで出来ている。
絵が少し描けます。小説も書きます。
月の住人と同居中。創作国チョコミン党きのこの山派メーデー民ゲーマー。乗馬はじめました。
最近youtubeにゲーム実況動画投稿中。

Twitter@oto05i メール Skeb

ブログ村

応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 イラストブログへ  にほんブログ村 うさぎブログへ

Amazon

オトさんへの支援

検索

月の使者

B.B.