タイミング悪く買ってしまった

日々

……まぁ、詳しくは10/7発売の週刊新潮が記事書いているみたいなんですが、サクラ印の蜂蜜から基準値越えの発がん性農薬検出ですってよ奥様。

情弱なんで、そんなこと知らずに「そういやハチミツ無いから買っとこ」と問題の蜂蜜をピンポイントで買ってしまいました。
だって中国産じゃないシリコンノズルタイプで安かったんだもん!
まだ未開封ですけど、返品きくかな……? 買ってから日数経ってしまった。
というか、メーカーも「回収したくない」と言っている通り、問題のものを自主回収しただけで個別の返品返金には応えてくれなさそう。

自分で蜂蜜を使わない、産地も気にならない人はなおさらこの問題の怒りポイントは分からないのではないでしょうか。
そもそもこの問題のひどい所は、発がん性農薬が検出云々ではないです。

蜂蜜というハチが作る自然のものに対して、厳しすぎる農薬の基準値が設けられている。
日本は他の国に比べて基準値が厳しすぎる。
これはまぁメーカーの言い分ですが、何となくわかりますよ。
でも検出された農薬はミツバチ自身に影響を及ぼすと言われている「グリホサート」なんですよ。
蜂蜜で生計たててるのに、ミツバチに影響ある農薬を使用する地域で蜂蜜作ってんのかって話です。

そしてメーカーの言い分では「今後基準値は見直されるから」「仮に基準値8倍超えの蜂蜜を毎日摂取しても健康には影響ないから」っていう、言い訳三昧です。
だからって隠蔽して良い理由にはならないよね?
今後基準値は変わるとしても、現時点で基準値超えてるし……基準値越えの製品が既に市場に出回ってるって事は、検査データ改ざんしてるんですよね。
いやもう、やってる事は食品偽装問題並みではないの?

しかも一番腹立つのは、サクラ印でおなじみの加藤美蜂園本舗は蜂蜜業界トップシェアというところです。
オトさんはいろんな理由で中国産蜂蜜を避けていますが、中国産だろうが中国産じゃなかろうが、蜂蜜と言えば大体「サクラ印」の製品しかありません。
ただでさえ中国産を避けると選択肢が狭まるのに、更に「サクラ印」を避けることは実質無理だと思います。
大体どのスーパーでも、蜂蜜はサクラ印しか置いていませんから。
つまり、蜂蜜を使うなら不買すらできません。

自分自身がサクラ印の蜂蜜を避けたところで、蜂蜜を使うお菓子や食品や添加物、ありとあらゆるところにサクラ印の蜂蜜が使われているんですよ。企業はグリホサートがどれくらい入っていたとしても、正直気にしないでしょうから。
「もう今後サクラ印は使わん」という強い意志をお持ちの方が何人いようと、加藤美蜂園本舗はノーダメージでしょうね。そこがまた腹が立つポイントになっています。

何にせよ企業の隠蔽問題は、雪印やミートホープを履修してきているオトさんの琴線に触れてしまいますね。

タイトルとURLをコピーしました