ゼノギアスコンサート

日々

もう一ヶ月もたったのに、まだゼノコンの記事書けてないって無能過ぎない?
って疑問に思ってしまったので……

4/8ゼノギアス20thコンサート、午前の部のレポートまとめです。

快晴のこの日、ゼノギアスのコンサートを聴きにはるばる東京まで行きました。
めちゃくちゃ天気がいい。

会場は舞浜アンフィシアターで、要するにディズニーランドの隣です。

お花パシャリ。
うーん、天気もいいし景色もいいし(TDLは当然のことながら周辺環境整いまくりなので)たくさん写真撮ったんですが、日曜日だけあって人がいっぱい写り込んでいるので風景写真はUPしません。
現実とは思えないようなファンタジックな建物もいい感じでした。

舞浜アンフィシアター(画像は一部加工してあります)
グッズ買うために並んでいたのですが、並んだ時にはすでに欲しかったセーブポイントキーホルダーが売り切れでした。そして並んでる最中にトートバッグも売り切れました。
CDと20th資料集とクリアファイルだけ購入です。
ソラリスシートだし、お土産のオルゴールは貰えるから、あまりグッズには固執しませんでしたが、それでも1万円超えましたね。

お花いっぱい届いてました~

ポスターの裏に落書きがあるというのは前情報で知ってはいたんですが、残念ながら印刷だそうです。書下ろしではなく設定資料集にも載ってる落書きのようです。
この画像からもうっすら見えるポスター表の部分の写真撮りませんでしたが、結構凝ってるポスターでした。黒一色にゼノギアスのロゴだけでなく、ところどころ文字が浮かび上がるように加工が施されたポスターです。一枚貰いたかったな(ちなみに非売品です)

落書き別Ver
他にも種類あったようですが、展示品見たかったので並んでしまいました。
展示品……すごく並びました。全員一つ一つ写真撮るせいか全然列が流れなくて……ここは上野のパンダ方式で「立ち止まらないでください」と係の人に流してほしかった。
結局開園時間ギリギリになってようやく流れるようになり、展示物も見れました。
全部写真は撮ったのですが、ここには一部だけ載せます。

すごくうれしかったのはやはり書下ろしの色紙です。
イラストレーターの田中さんの線が結構あっさりめになってて、20年の重みを感じる……
ちゃんとリコがいてうれしかったです。
マルーはいったいどうしちゃったの(笑)

やっぱり当時は「ガチセル画」なんですね……

田中さんの落書きの数々~ってこれも資料集には載ってるやつでした。
付箋でコメント書かれててグッときました……

本とかで見ると「修正の修正」がされているので気づくことはなかったのですが、ガッツリホワイト入ってるんですね。
特にビリーがホワイトだらけでした。
イラストパネルは一応全員分写真撮ったんだけど、反射光がきつくてあまりキレイには撮れなかったです。人の影入っちゃうね……

フィギュアのエリィは色ついてなかったけど、今後どこかで出すのかな?
展示品の中には立体物もありました。
フェイとエリィとヴェルトール……と、ん? フェイの足元……

あっ……(察し

ゼノギアスと言えば缶詰は外せませんよね。
わかる人にはわかる、みんなのトラウマってやつです。

コンサートの曲順はストーリーに沿っているそう。
何が流れたかは正直会場でメモとってなかったので正確には分かりません。
でもオトさんが一番好きな戦闘曲系は全部流れたんじゃないかな。

終盤に近付くにつれ会場内のあちこちで鼻をすする音が聞こえだす。
派手なライトの演出も、当時の思い出(美化されまくり)補正で結構涙腺にきましたね……
音響も会場も十分だったのですが、音楽系で泣きが入るときは鼻をすする音も結構気を遣うので、おすすめは「すすらず垂れ流してティッシュで吸い取る」です。
大丈夫、どうせ誰も見てませんよ!

コーラス、思ったより男性の声量が足りなく感じたのは自分だけでしょうか……?
CDとかだと男声がはっきり入ってるんで、物足りなくなってしまったのかもしれません。
さすがに20年間ずっと同じCDの音源を聞き続けていたので、ちょっとの違いに反応してしまう。
やっぱり20年の補正はデカイな……

お土産のオルゴールの音が、ゲーム中と違うというのがちょっと残念ではあります。
不満という事ではなく、全体的に楽しいコンサートでした。
スタンディングオベーションも初体験。会場が一体となってメチャメチャ拍手しました。
もうずっと余韻が抜けない。あっという間の時間でした。

楽しかった。そして終わってしまった今、めちゃくちゃさみしいです。

最後の演出が、一番泣いた。

タイトルとURLをコピーしました