アイオンの鍵

創作好きの絵と文サイト。オト(@oto05i)の日々とウサギ、ゲーム、青い食べ物など。オリジナルイラストとファンタジー小説展示。

「決壊」

投稿日:2014年2月20日 更新日:

ロアとカヅイそしてジオとアインスタックフェルト

覆水」の続編小話。異形とは。

 異形は病のようなもの、とアインスタックフェルトは言った。
この世界がかかった、不治の病だ。治療法は一つだけ……だが今は無い。

 小さな村に病を持ち込めばどうなるか、想像に難くない。

 持ち込まれた異形の種はその村に静かに根を下ろし、今や数人程度では刈り取れないほどに大きく蔓延してしまった。
その結果、この村は地図からその名を消さねばならない。

「くれぐれも、今ここで揉め事を起こさないでくださいね。新しい聖獣にはこの土地を気に入ってもらいたいですし」

 この土地、というのはこことサンドランドも含まれている。
長らく水源の確保に苦労していた砂の国は、聖獣を迎え入れることで変わろうとしているのだ。

 聖獣の為にも、異形が出た土地は浄化しなくてはならない。
異形の影響を受けない八柱神である自分はともかく、こいつが呼ばれた理由は未だにわからないが。

 アインスタックフェルト。
何度聞いても耳慣れない名前だ。

「ここまでほったらかしにしてた奴の言うことかよ。もっと早くに手を打てば、こんなことにはならなかったはずだ」
「そうかな? この中の二人をジオは見たことがないんだっけ。彼は彼女を愛しているし、彼女も彼を愛しているのは事実です。邪魔をしたらどうなることやら。現状、被害は最小ですよ」
「村一つで最小か……」
「異形の被害なんて、そんなものでしょう」

 村の外観はもはや伺い知ることが出来ない。
植物のツタに似た赤黒い肉組織や、サナギの繭のような糸状の物質で村全体が覆われているせいだ。

 手のひらを押しつけると、どこまでもふかふかと沈む。
普通の人間なら、この物質に触れただけで異形化するところだが、自分とどうやらアインスタックフェルトも、異形には耐性がある。
唐突にアインスタックフェルトの手ぶらが気になった。

「おいお前、ここまで来たからには手伝う気があるんだろうな?」
「いいえ、全然」

 即答しやがった!

「何しに来たんだ!」
「見届けにきました。あの二人をね」

 肉と繭の向こう側には、村の残骸が広がっていた。
人の住んでいたであろういくつかの建物は、異形によって浸食され、骨組みすらもほとんど原形をとどめてはいない。
胃の中で消化途中の肉のように、木も鉄もガラスも、あらゆるものがぐずぐずに溶けて融合しているのだった。

 その中に一つ、原型をとどめてぽつんと建つ建物がある。
念のため装備していた銃に手が伸びたところで、アインスタックフェルトは冷たく言った。

「それはもう役に立ちませんよ」
「……だろうな」

 銃をあきらめて、剣を抜く。
建物は意外なほどきれいに残っていた。まるでここだけ時間が切り取られているかのようだ。何の変哲もない木で出来た扉、土の壁。
扉に手をかけたとき、ほんの少しだけ周囲がざわついた気配がした。

「思ったよりもまともだな……ジオ、喜んでください。歓迎してくれるようですよ」
「……どっちの意味なんだか」

 こぢんまりとした外観にふさわしい、シンプルな造りの家、その中央にテーブル、向かい合うように椅子に座る若い男女。
少女の方はうつむいたまま眠っているようだ。少年の方は、入ってきた自分たちに気づくと顔を上げ、微笑んだ。彼にとっては、久しぶりに見た来客の姿だったのかもしれない。

「いらっしゃい。すみません少し、うとうとしてしまって」

 少年はゆっくりした動作で椅子から立ち上がった。寝ぼけているのか、未だ夢の中にいるかのように、足下がおぼつかない。
テーブル伝いに歩いて、少女の肩を揺さぶった。

「ああ、ほら、ロア。お客さんだよ」

 ロアと呼ばれた少女は、少年に促されて初めて反応を見せた。
ゆっくりと顔を上げ、ジオたちを見つめたその目に光はなかった。

 ジオは直感的に、この少女、ロアがコアだと確信した。
剣を握る手に力がこもる。それを見た少年の顔が険しくなった。

「あの……そういえばあなたたち、何のご用ですか?」
「心当たりはないんですか貴方、外の様子が気になったりしなかったんですか?」
「外……?」
「そいつが村人に何をしたか、見てないのか。俺の目にはそいつは異形に見える。もちろんあんたもな」
「異、形……?」

―――それは いったい 何のことでしょう?

 少年が首を傾げる。
途端に壁がざわついた。まだ木の感触を残しているかと思われた家の壁にも、外と同じような肉の根が伸びる。
呆けた表情のまま、殺意だけをむき出しに少年がつぶやく。

「……ロアは、異形なんかじゃない、その証拠に、僕は何ともない」
「ジオ!」
「わかってるよ!」

 アインスタックフェルトが叫ぶと同時に、ジオは剣を振るった。標的はもちろんコアの方、ロアだ。
しかし剣がロアに届くより少年の動きの方が早かった。
ジオめがけて先ほどまで座っていた椅子を投げつけてきたのだ。壁にぶち当たった椅子が砕ける派手な音が響く。

「だめだっ、ロア! 逃げて!!」
「ちっ、お前、邪魔すんな!」

(何が思ったよりまともだよ! 異常じゃねーか!!)

 さっきまでの気だるい雰囲気はどこへやら、少年の動きは機敏だった。
椅子に怯んだジオの腰にしがみついて、離れない。

 この細腕のどこにそんな力があるのか、ジオがただの人間だったなら絞め殺されているほどの怪力だった。もはや人間の力を超えている。
しがみつく腕は、ぎりぎりと強さを増していく。

「っつーかお前も、ボケっと見てないで何とかしろ!」
「いやぁ、愛ですねぇ~」
「言ってる場合か!!」
「まあ大丈夫ですよ。彼女、逃げる気ないみたいなんで」

 アインスタックフェルトの言うとおり、ロアは椅子に座ったまま微動だにしなかった。
目は相変わらず虚ろなまま、少年だけを見ていた。

「ロア、お願いだから逃げて!」

 少年がいくら懇願しても、ロアは逃げなかった。
壁がざわつく。しかしいくら待っても攻撃してくる気配はない。

「……異形に知性なんて、あるはずないんだがな」
「素敵ですねぇ、愛の力ですかねぇ……バインド」
「うっ!」

 アインスタックフェルトの放った束縛魔法が、少年を拘束した。

「ロア! ロア! ロア!!」

 少年はジオの腰にしがみつたまま、狂おしいほどにロアの名を叫び続けた。
しかし何度呼んでも、ロアはそこから立ち上がることはなかった。

「悪いが二人とも、もう手遅れだ。異形化を止める術はない……今のところはな」

 人の形を無くしているものだけが異形ではない。
少年も少女も、手の施しようがないほどに異形化しているのだ。どんな異形でも放置しておく訳にはいかない。ジオは改めて剣を握りなおした。狙うのはバインドで動けない少年の首だ。

「だからせめて、苦しまないよう、一瞬で……」

―――ザシュッ……!

 ジオの目の前に黒ずんだ血が舞った。
しがみついていた少年の首が落ちるより前に、ロアの胸は貫かれていた。少年の首を抱きかかえるようにして、ロアが少年をかばったのだ。

 黒い血を流すロアを、少年も抱きしめ返した。

「ロア……どうして?」
「カヅイ……」

 ジオはロアの胸を貫通しなかった剣の先に、堅い感触があるのに気づいた。それがコアだということにも気づいていた。後少し、ほんの少し力を込めればどうなるかも。
ロアはカヅイだけを見つめながら、言った。

「……ありがとう」

 か細い少女の声が響く。
ジオは一瞬、何をすべきか忘れた。

「ええ、おやすみなさい」

 その瞬間アインスタックフェルトが放った風の魔法は、無情にもジオの剣にひねりを加えて通り過ぎた。コアの割れる感触をジオの手にしっかりと伝えて。

「彼女も、彼を愛しているのは事実です」
「これが愛かよ……重すぎるぜ」

 脳裏をよぎるのはかつて愛した女性の姿だ。
ほんの一瞬の出来事と言えるくらいの短い時間だったが、ジオにとっては大切な日々。
ロアとカヅイはどうだったろう、二人は、幸せだったのだろうか。

 ジオの手の中には、二つに割れた紫色のコアがある。
これがロアだったモノのかけらだった。
確かに、ずしりと重い。

 黒い煙となって消えた家には、ジオとアインスタックフェルトしか残されていなかった。
家だけではなく、村のあった場所はそこだけくり貫かれたように窪んでいた。

 真っ黒な窪地には最早異形の驚異はないが、それを見たものの精神衛生を考慮して、周囲を焼くのが定例だ。
その仕事もジオが一人でやった。
魔法が使えないので火炎放射器で、だ。

「お前、手伝わないとか言っといて、ちゃっかりおいしいとこだけ持ってってんじゃねーかよ」
「うーん、それなんですけどねぇ……もうすぐ手伝えなくなりそうなので」
「ん? ソフィアの件か」
「そうそう」

 世界がソフィアを失ってから、再びソフィアが現れるまで、『今回は』早かったな。
ソフィアが現れるということは、同時にイソラが復活するということか。
どういう原理か知らないが、アインスタックフェルトはイソラがいる間、世界に関わるのを嫌う。今回もそういうことだろう。

「ま、何にせよ今回は無事終了だ。誰かさんのせいで後味悪いけどな」

 とっとと帰ろうぜ、そう言いたかったのに。

「……船はもう、造らないんですか?」
「馬鹿言え、俺にはもう、無理だ」

 まだ、愛する人を失った感覚が消えない。

ダブルレクタングル用

ダブルレクタングル用

-
-,


コメントを閉じる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

HN:オト


HN:オト
好き嫌いの激しい雑食性偏食家。天使と青色1号が好物。脳みその主成分がSFと人外とファンタジーで出来ている。
絵が描ける。小説も書くしゲームも作るし乗馬もするよ。
月の住人と同居中。創作国チョコミン党きのこの山派メーデー民ゲーマー。youtubeにゲーム実況動画投稿中。

Twitter@oto05i メール Skeb

ブログ村

応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 イラストブログへ  にほんブログ村 うさぎブログへ

Amazon

オトさんへの支援

検索

月の使者

B.B.