アイオンの鍵

創作好きの絵と文サイト。オト(@oto05i)の日々とウサギ、ゲーム、青い食べ物など。オリジナルイラストとファンタジー小説展示。

「噂」

投稿日:2012年1月24日 更新日:

ジゼルと天使たち

 ジゼルはいつものように端の塔へ向かった。
公に訪れるのは良くないと、わかっているがどうしても、確かめなければならないことがある。

 それは、歌をサボっていた下級天使たちの戯れ言だった。

「聞いたか? せっかく塔に閉じこめていたサタナエルを逃がした奴の噂。七大天使たちも胡散臭いが、八柱神たちも相当怪しいぞ」
「ああ……それくらいの権限がないと、あの包囲網を事も荒立てずに突破するのは難しいってことだよな。見張りの奴らは何してたんだかな」
「それも聞いたんだが……『全く覚えていない』んだとさ」
「記憶でも操作されたのかねぇ? それじゃ見張りの意味が無いってんで、当時見張りしてた奴らは一斉降格だろ? かわいそうに」

 白一色を身に纏った二人組の下級天使たちは、ジゼルに聞かれていることにも気づかず、ぺらぺらとくだらないおしゃべりを続けた。

「それで、結局誰が犯人だったか、わからないんだろ?」
「いや、わかっているそうだ。わかっていて、何の発表も無しだ」
「見て見ぬふりか……これはますます『上』の方が怪しいな」
「噂ではイアル様も姿を消したと言うし……これは」

「アナタたち……」

 聞くに耐えかねて、ジゼルは二人の元へ姿を現した。
ジゼルの姿を認めた途端、二人の顔色はサッと青くなる。
今まで饒舌と言っても良いほどに、根も葉もない噂話を垂れ流していた口は引き結ばれ、その表情は、焦りというより恐怖を抱いているようだった。
いくらジゼルが少女に見えるとはいえ、その本性は熾天使である。

「……持ち場へ、戻りなさい」

 何の表情も作らず、低い声で、そう言った。

 二人の天使は揃ってピシッと姿勢を正し、深々とジゼルに頭を下げると、持ち場と思われる場所へそれぞれ飛んで行く。

 本来ならば、下級天使が聖歌を歌うという仕事をサボった時点で重罪に当たる。
それを熾天使であるジゼルに見つかったのだ。
その場で処分されても、文句は言えないはずである。

 しかしどうしてか、双子のこと以外に興味の無いはずのジゼルは、二人を見逃すことにしたのだ。
らしくない。自分でもそう思う。
なぜだかは、本人にもわかっていなかった。

 ただのごくありふれた噂話だ。最近はこの手の話が尽きない。
胸がもやもやしていた。

 サタナエルという反逆天使が逃走してから、天界は少しずつ変わっていっているような気がする。
それはジゼルたち、上級天使への不信感だったり、八柱神への忠誠心の減少だったり。
そういったものが積み重なって、キラキラしていたはずの天界全体が、まるで曇ったようになってしまった。

 歌が減り、祈りが減り、光が、減っていく。

 全てはサタナエルが逃走したことが悪いのだろうか?
いや、きっとそれはきっかけに過ぎないのだろう。
サタナエルがいなくなった日から、天界全体が少しずつおかしい。そう思いたかった。

 しかし本当は、ジゼルは気づいていた。
おかしくなったのは、サタナエルがいなくなる少し前からだ。
頭ではわかっていることを、心が認めたがらないのである。

(だって、あの日は……あの日は、カインちゃんたちが……)

 その可能性が少しでもあるのなら、ジゼルはそれを認めるわけにはいかない。
最愛の二人の立場が悪くなるようなことは、認めるわけないし、認めさせるわけにもいかなかった。

(確かめなきゃ……)

 そう、悪いのはきっと、あの双子以外だ。それ以外にない。
きっと、そうだ。

 そうに違いない。

ダブルレクタングル用

ダブルレクタングル用

-
-,


コメントを閉じる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

HN:オト


HN:オト
好き嫌いの激しい雑食性偏食家。天使と青色1号が好物。脳みその主成分がSFと人外とファンタジーで出来ている。
絵が描ける。小説も書くしゲームも作るし乗馬もするよ。
月の住人と同居中。創作国チョコミン党きのこの山派メーデー民ゲーマー。youtubeにゲーム実況動画投稿中。

Twitter@oto05i メール Skeb

ブログ村

応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 イラストブログへ  にほんブログ村 うさぎブログへ

Amazon

オトさんへの支援

検索

月の使者

B.B.